スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機工士スキル解説~バフ編~

ようやく4回目が書ける!

 

スキル回しの核心の一つバフ編です。

 

~参考~

第一回WS編

第二回IS編

第三回タレット編

 

 

まずは、機工士のバフから。

 

wild

 

いきなり大本命のワイルドファイア。

 

実質15秒間25%の威力アップと同義。

 

リキャストも短いが15秒以内に敵が死んでしまっては不発。

 

非常に強力なスキルなので、他バフと同時に使ってダメージを一気に稼ぐ必要あり。

 

とはいえワイルドファイアのダメージをあげるために前後のダメージが下がっては意味がない。

 

何事もほどほどに。

 

 

rapi

 

ラピッドファイア

 

WSのリキャスト短縮スキル。

 

2WSが5秒だったのが3WSが4.5秒になり、5秒間のDPSが1.5倍以上。

 

でも、消費TPも1.5倍以上。

 

リキャストが90秒なので、ワイルドファイアと併用するのが◎。

 

ガウスバレルのリキャストも無効化できるため、見た目以上に効果は高い。

 

性質上スキルスピードがあれば効果は落ちるものの、そこまで気にするものでもないだろう。

 

 

seibi

 

整備

 

リキャスト60秒と前述の2スキルと異なるリキャストタイム。

 

一発のみ確定クリティカルとなるため、一番単発威力の高い

 

特殊弾付きクリーンヒットに使用する。

 

特殊弾付きのクリーンヒットは通常スキル回しの中では行わないのですが、

 

60秒に一回だけやむを得ず挟まないといけなくなります。

 

リキャストタイムも一致するためそのときに使用します。

 

具体的な使用タイミングは次回に。

 

 

 

gausu

 

ガウスバレル。

 

使用する際のキャストが発生しなくなったためかなり使い勝手が上がりました。

 

実装当時は付けるのか外すのかで議論があったようですが、

 

今は常時ON、必要に応じてOFFで良いと思います。

 

OFF→ONはリキャスト無いので連打するとONに戻って15秒間OFFに出来なくなるので要注意。

 

AAが発生しなくなるのはデメリットだけではなく、

 

敵の方向を向く必要がないというメリットにもなります。

 

キャストタイムは1.5秒のため、使用していても、

 

間にバフやインスタントスキルを挟むことが出来ます。

 

対象の単体スキルは、

 

スプリットショットスラッグショットクリーンショット

 

ホットショットレッドショットの5つ。

 

 

スラッグショットとクリーンショットはPROCにより、リキャスト無し。

 

ホットショットとレッドショットは30秒に一回しか撃たないため、

 

リキャスト=スプリットショット撃つときがメインとなります。

 

 

 

 

アビリティ

ho-ku

弓術士のスキル、ホークアイ。

 

リキャスト90秒、効果時間20秒、効果量15%と非常に扱いやすいスキル。

 

ワイルドファイアとリキャストが同じなので、併用しましょう。

 

必中効果はレイドではあまり意味無いですが、

 

PvPやIDボスで回避大幅アップを使用した相手に有用です。

 

必須アビリティです。

 

 

 

mosa

 

同じく弓術士のスキル、猛者の撃。

 

ホークアイより効果量は多いですが長いリキャスト180秒が足を引っ張る。

 

とはいえ180秒は90秒×2なので、ワイルドファイア2回に1回併用できます。

 

こちらも必須アビリティです。

 

 

 

sutemi

 

槍術士のスキル、捨身。

 

効果アップがないため、メリットよりデメリットが目立ちます。

 

リキャスト80秒ではあるものの、90秒のワイルドファイアと併用するのが良いでしょう。

 

使用中の被弾だけは要注意。

 

これも必須アビリティです。

 

 

 

kiai

 

こちらも槍術士のスキル、気合。

 

こちらは説明不要でしょう。

 

TPが600きったらすぐ使って再使用までのリキャストを

 

出来る限り消費しましょう。

 

消費TP70のスプリットショットを連発する上、ラピッドファイアでWS使用回数が増えるため機工士のTP消費スピードは速いです。

 

ほぼ必須アビリティです。

 

 

 

seija

 

弓術士のスキル、静者の撃。

 

機工士はバフが多いため、開幕のヘイトが上がりやすい。

 

それを抑えるスキルです。

 

機工士をやっていると、必要なのかと思うときもありますが、

 

タンクをやっていると、機工士に静者使って欲しいと思うことは皆無。

 

タンクの問題な気がしますね。

 

任意選択のアビリティです。

 

 

 

kinhura

 

こちらは槍術士のアビリティ、キーンフラーリ。

 

DPSとはいえ、物理ダメージを被弾しなければいけない場面は多々あります。

 

最近では極ナイツの突進のダメージ軽減にあると良いなと思いました。

 

採用はしませんでしたけどね。

 

任意選択のアビリティとなります。

 

 

 

まとめ

・バフはワイルドファイアと一緒に使え

 

 

いっぱい書いたけど、要はこれですね。

スポンサーサイト

機工士スキル解説~タレット編~

だいぶ間があいてしまったけど、

 

第三回はタレット編です。

 

 

~参考~

第一回WS編

第二回IS編

 

 

まずは、タレットから

skillrooc

skillbshop

 

ルークとビショップ。

 

単体のルークと範囲のビショップ。

 

攻撃速度は若干違うみたいですが、

 

2匹以上ならビショップ優勢でほぼ間違いないかと。

 

攻撃範囲はルークが約25m(機工士の攻撃範囲とほぼ同じ)で

 

ビショップは約5mです。

 

ビショップは攻撃範囲が目に見えるので分かりやすいですが、

 

実際の攻撃範囲はほんの少しだけ出てる円より小さいです。

 

 

ルーク

disprooc

 

 

ビショップ

dispbishop

 

 

 

 

 

 

skillkaishu

 

出したらちゃんとお片付けしましょう。

 

タレット召喚が上書き関係にあるため、IDでもレイドでもまず使う必要はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

purobo

 

タレットのアタックモードとサポートモードを切り替えるプロモーション。

 

TP/MPがそれぞれ回復します。

 

 

 

haipa-

 

タレット強化スキル。ハイパーチャージ。

 

タレット自身の攻撃力2倍+デバフ付与。

 

 

この間、どんなアイコンか分からないという話を聞いたのでアイコンも載せておきます。

 

buturimahou

 

敵が使ってくるデバフと同じ汎用アイコンになるのかな。

 

2016/2/1追記

デバフ効果は10秒ですが、効果時間15秒間(3秒毎)に上書きし続けるため、

実際は約25秒となります。

 

 

まとめ

・ルークは単体・TP回復

・ビショップは範囲・MP回復

 

まとめると大したこと書いてないのがよく分かりますね。

 

次回はようやくメインとなるバフ編です。

機工士スキル解説~IS編~

第二回目はインスタントスキル編です。

 

~参考~

第一回WS編

 

機工士のインスタントスキルは、

 

クールタイム共通が多いため、実質数は少ないです。

 

 

 

 

 

blank

 

ブランク

 

追加効果ノックバックあるものの、ボス系、レイド系はノックバックしない敵が

 

ほとんどのためあまり気にしないで良い。

 

距離5mだけ注意。リキャごとに撃つ。

 

 

 

head

sapuressipu

 

ヘッドグレイズ&サプレッシファイア

 

リキャスト共通で沈黙orスタンですが、

 

こちらも、だいたいのボスは効かないため、

 

基本的には気にしなくてOK。

 

一部有効なモンスターを相手にする際には、リキャストだけは気をつけましょう。

 

威力は同じ100ですが、射程がヘッドグレイズの方が長いです。

 

スタンが有用な場面以外では、ヘッドグレイズ推奨です。

 

こちらも基本はリキャごとに撃つ。

 

 

 

haertbreak

 

ハートブレイク

 

詩人のミザリーエンドポジションだけど、リキャストが倍。

 

撃てるようになったら即撃って、いっぱい撃つ。

 

 

 

 

gausu

 

ガウスラウンド

 

ガウスバレル装備中のみに使えるインスタントスキル。

 

短いリキャストと高い威力を両立したスキル。

 

ただ、これだけだとガウスバレル無い方が火力高くなる可能性もあり。

 

 

riko

 

リコシェット

 

実質威力300のスキル。

 

ただし頭割りのため、出来る限り敵が単体の時に撃ちたい。

 

ガウスバレル装着でDPSが上がるのは、このスキルがあってこそ

 

 

 

 

おまけ

wepon

maind

 

ウェポンブレイク&マインドブレイク

 

物理or魔法ダメージを5%下げるスキル。

 

要所で入れるとタンクが喜ぶかもしれないけど、

 

たぶん、入れても気づいてもらえない

 

スキル回しに余裕が出来た後にでもぽちぽちすればいいと思うよ。

 

 

まとめ

・リキャスト回ったらすぐ撃て!

 

たぶん一番簡単な内容になったんじゃないかな。

機工士スキル解説~WS編~

アニマ周回に疲れたので、

 

周回に使っている機工士のスキル解説でもしようかな。

 

実装当時から火力が低いと言うイメージが先行して

 

極ナイツの募集から、はぶられる事も多々。

 

そんなイメージだけで自分は機工士に触れていない、レベル挙げているだけの人も多い。

 

 

機工士やってない人って、だいたいが

 

「機工士はスキル回しがよく分からない」

 

と言うことが多い気がするので、せっかくなので解説記事でも書いてみようと言うことになりました。

 

とはいえ、どの職でもそうですが、単純に順番にスキル使ってるだけで

 

火力が出るわけではないです。

 

ちゃんと一つ一つのスキルを理解してからのスタートとなるので

 

まずは、基本となるウェポンスキルの紹介です。

 

PvEの単体相手を前提としているので、範囲スキルは割愛します。

 

 

まずは基本となるスキル

 

split

slag

clean

 

スプリット、スラッグ、クリーンの3種。

 

PROCでコンボのように、順番につないでいきますが、

 

コンボではないので、間に別スキルを挟めるのが特徴。

 

PROCの状態は以下の3つ

①スラッグのみ

1

 

②クリーンのみ

2

 

③スラッグ+クリーン

3

 

コンボではないため、

 

③の状態に出来ると言うことだけまずは覚えておいてください。

 

 

スプリット、スラッグ、クリーンの順に

 

PROCして撃った場合の、平均威力は約173。

 

スプリット4回、スラッグ2回、クリーン1回の

 

期待値での平均威力は、160。

 

 

バフ付きスキル

hot

 

5%威力アップのホットショット。

 

たかが5%されど5%

 

スプリット、スラッグ、クリーンの基本3種の平均威力が160とすれば、

 

一回打つごとに、威力8上がる計算。

 

ホットショットの威力が120なのでその後5回以上攻撃すれば、

 

基本3種だけ撃っているよりも威力が上回る計算になりますね。

 

効果時間30秒と長いのも特徴。

 

 

DOTスキル

 

red

 

こちらも効果時間30秒のDOT。

 

効果時間が同じなので、レッドショット、ホットショットはセットで使えます。

 

威力160を上回るには、3回分=9秒必要な計算です。

 

 

 

機工士のスキルで、単体相手に使えるウェポンスキルってたった5つしかないんですよね。

 

たった5つのスキルを順番に使うだけ、

 

しかも、2つは30秒に1回使うだけ。

 

だいぶ簡単そうに感じるでしょう?

 

 

おまけ:アビリティ

feint

槍術士のスキルフェイント。

 

威力120と低いものの、ガウスバレルのリキャストが発生しないのが特徴。

 

移動する必要がある場合は、事前にガウスバレルを外すのが基本なので、

 

そこまで有用性が高いわけではないです。

 

移動するつもりはないけど、しなきゃいけなくなった時。

 

 

「うわっ、おまえこっちくんなよ、おい、寄ってくるなぁぁぁ!」

 

って場合に使います。

 

 

 

まとめ

・PROCの種類は3種類。

・レッドショットとホットショットはセットで使う。

・フェイントあるとお守りになる。

プロフィール

RELIRULERU

Author:RELIRULERU
Ultima鯖で戦士メイン、機工士サブで活動しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。